個人輸入代行サイトから買える医薬品

風邪にかかったら風邪薬を飲むように、不眠症や性病、痛風などの病気も医薬品によって治すことができます。
さらに病気だけでなくEDや早漏、AGA、ニキビなどのコンプレックスも医薬品によって改善が可能です。

医薬品は病院で処方してもらったり薬局やドラッグストアで購入したり、最近では特定の医薬品であれば通販サイトから購入できるようになりました。
しかし、常に常備しておきたかったり対面では買いにくかったりする医薬品があります。

そういった医薬品は、個人輸入代行サイトからの購入がオススメ。
個人輸入代行サイトとはどういったものなのか、利用する前に確認しておきましょう。

医薬品の個人輸入ってどういうこと?

そもそも、個人輸入とはどういったものなのでしょか。
一般的に「外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること」とされています。
海外製の商品を海外から購入し、海外から日本国内へと持ち込む行為です。

服や食品、化粧品などといった一般的な商品であれば納得できますが、医師から処方してもらうものという印象の強い医薬品を本当に個人輸入できるのか疑問に思うでしょう。
医薬品の個人輸入は、国が認めている行為であるため、安心して購入できます。

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要がありますが、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。(引用:厚生労働省

個人輸入した商品は自分のみで使う

個人輸入のポイントは、個人で使用する分を海外から輸入するということ。
そのため、次のような個人輸入は禁止とされています。

・第三者への販売目的での個人輸入
・第三者への譲渡目的での個人輸入
・第三者と合同での個人輸入

・第三者への販売目的での個人輸入
個人輸入は購入者のみでの使用を目的としています。
そのため、販売目的での個人輸入は絶対NG。場合によっては刑罰に処されることがあります。

・第三者への譲渡目的での個人輸入
個人輸入で購入したものは購入者のみが使用できます。
例え善意であり金銭が発生しないからといって、輸入した商品を第三者へと譲渡する行為は禁止です。

・第三者と合同での個人輸入
個人輸入は購入者のみの使用だからといて、購入を第三者と一緒に行ってはいけません。
法律上では、届いた商品の宛先が購入者とみなされます。通常、宛先は1名のみであるため、もう1名は購入者とはなりません。
第三者への譲渡とみなされるため、2名以上での購入はできないのです。

個人輸入できる数量には制限がある

国が認めている個人輸入には、一度に輸入できる数量があります

医薬品または医薬部外品 外用薬 1品目24個以内
毒薬、劇薬、処方箋薬 用法用量からみて1ヶ月分以内
上記以外の医薬品・医薬部外品 用法用量からみて2ヶ月分以内
化粧品 1品目24個以内
医療機器 家庭用医療機器 1セット
使い捨て医療機器 2ヶ月分以内
体外用診断薬 2ヶ月分以内
再生医療等製品 1ヶ月分以内

数量が決まっている理由は、個人でのみ使用できるようにするため。
一度に個人輸入できる数量が多かったり制限がなかったりする場合、すべてを使いきれなかったり、第三者へ販売または譲渡してしまう可能性があります。
そういったことを防ぐために輸入できる数量には制限があります。
正しく守って医薬品を個人輸入しましょう。

医薬品の個人輸入は個人輸入代行サイトがオススメ

医薬品を個人輸入する方法は大きく分けて2つあります。
1つ目は自分で海外へと出向き商品を買い、自分で日本国内へと持って帰ってくる方法です。
2つ目は海外のメーカーや海外の通販サイトを通して商品を買い、自分の手元に発送してもらう方法です。

1つ目の方法は、自分の購入したい商品を取り扱っている国に旅行に行く予定があるならなんら問題ありませんが、商品の購入目的だけのためだと費用が高くなってしまいます。
2つ目の方法は、外国語がわかる人で手続きを負担に思わない人ならぱぱっと購入できますが、大抵の人がそうではないため難しいかと思います。

そこでオススメなのが個人輸入代行サイトです。

個人輸入代行サイトとは、海外商品の個人輸入を代わりに行ってくれるサイトのこと。
形態として通販サイトと変わらないため、購入したい商品を選んで支払いを済ませるだけで注文が完了します。
後はメーカーから商品が届くのを待つだけです。
メーカーとのやり取りや個人輸入の手続きなどはサイト側が行ってくれるため簡単に購入できます。

個人輸入代行サイトと海外の通販サイトの異なる点は、サイトが日本語での対応だということ。
外国語が苦手な人でも、個人輸入代行サイトなら海外製の医薬品が買えるのです。

医薬品を個人輸入するメリット

医薬品は病院や薬局、ドラッグストア、国内通販サイトから処方・購入できます。
そんな中、医薬品を個人輸入代行サイトから購入するメリットはあるのでしょうか。

個人輸入代行サイトを利用するメリット
・いつでも購入できる
・人にバレずに購入できる
・家にいるだけで届く
・値段が安い
・品揃えが豊富

いつでも購入できる

ネット環境さえ整っていれば個人輸入代行サイトはいつでもどこでも利用できます
24時間営業しているサイトがほとんどであり、気が向いた時に購入できるのがミソ。
休みの取りづらいサラリーマンやOL、日中忙しい主婦、遊びたいざかりの学生など、誰でも24時間注文ができます。

人にバレずに購入できる

対面で医薬品を処方してもらったり、商品を購入するのは正直面倒くさいもの。
特に、コンプレックス系の商品の処方・購入には抵抗があるという人は多くいます。
個人輸入代行サイトなら、サイトから商品を購入して配達してもらうため誰にも商品を購入したとバレる心配はありません
配達時の品目にはsupplementやbeautygoodsと記載されているため、配達員を含め誰にもバレることはないのです。

家にいるだけで届く

医薬品の処方・購入には、外出する必要があります。
しかし、個人輸入代行サイトは家で商品を注文して家に届くためわざわざ外出する必要はありません。
移動や待ち時間などの無駄な時間を省き、有意義な時間へと回すことができます。

値段が安い

個人輸入代行サイトで購入できる商品は海外製の商品がほとんど。
品質は同じですが医薬品の値段は販売国の経済水準や負担できる医療費が関わってきます。
日本に比べて海外の医薬品は販売価格が安いため、個人輸入代行サイトから購入すると国内で処方・購入するよりも低価格で医薬品が手に入ります。

品揃えが豊富

日本で処方される医薬品は、厚生労働省からの承認をもらう必要があります。
そのため、取り扱える商品の種類が少ないジャンルがあります。
個人輸入代行サイトでは海外の医薬品が購入できるため、数多い種類の中から自分にあった商品を選ぶことができます