バスパー・ジェネリック【バスピン】

バスピン

バスピンは、抗不安作用があるバスパーのジェネリック医薬品です。
脳内伝達物質であるGABAに働きかけて、脳の緊張や興奮を抑制して気持ちを安定させます。
抗不安薬としてだけでなく、就寝前に服用することで不眠の改善も望めます。

商品購入はコチラから

バスピンの概要

抗不安、不眠の改善をします

バスピンは、効果の発現が緩やかで依存性のリスクが抑えられている抗不安薬です。
セロトニン5-HT1A受容体部分作動薬に分類され、セロトニン量を調整したり安定させたらりといった作用をもたらし気持ちを落ち着かせます。
不安症を抱えている人は、セロトニンの量が不足しているという点があります。
セロトニンとは別名幸せホルモンとも呼ばれていて、ストレスや緊張を感じた時に活動するノルアドレナリンやドパミンを抑制する働きがあります。
しかしこのセロトニンが不足すると、ノルアドレナリンやドパミンを抑制する役目を持つ成分が足りなくなります。
不安や緊張、焦りを感じやすくなり不安症になりやすくなるのです。
バスピンは、有効成分の働きによりセロトニンの分泌量を増加し、脳内のホルモンバランスを均等になるように保ちます。
長期的治療で用いられるバスピンは、緩やかに効果を発揮するため即効性は望めません。
しかしその分徐々に効果を発揮するため副作用のリスクが低く、安全に使用できる薬ともいわれているのです。

不安症の他にも、不眠症に悩まされている人にも適してます。

・強い不安を感じている
・寝つきが悪い、睡眠の質が低下している
・気分の浮き沈みがある

といった症状に悩まされている人にも最適です。

不眠状態に陥っている人は、就寝前に緊張や焦り、不安を抱えているケースがたくさんあります。
バスピンを就寝前に服用することで、不安や緊張、焦りを緩和して入眠作用をもたらすのです。

先発薬であるバスパーやバスピンは日本ではまだ販売されていませんが、世界では既に安全に使用できる抗不安薬や睡眠薬として高い評価を受けています。

バスピンの飲み方

目的によって使用方法が異なります

・抗不安薬として飲む場合
1回5~15mgを、1日2~3回服用します。服用のタイミングの指定はありません。
1日の最大摂取量である60mgは超過しないでください。
効果を実感できず、増量する場合は、5mgずつ増やしていき慎重に経過観察しましょう。

・睡眠薬として飲む場合
1回5~15mgを就寝前に服用します。1日1回までです。

バスピンの副作用・注意事項

バスピンの副作用
めまい、立ちくらみ、頭痛、吐き気、下痢、腹痛などがあります。
長期化・重症化している場合は使用を中止して、専門医による診察を受けてください。

バスピンの併用禁忌薬
モノアミン酸化酵素阻害薬、抗ヒスタミン薬、抗パーキンソン病の治療薬、他の抗うつ薬

服用してはいけない人
ブスピロンに対してアレルギー反応の既往歴がある、重度の肝機能・腎機能障害がある、妊婦・産婦・授乳婦

バスピンの通販

バスピンは個人輸入代行サイトで購入できます。
バスピンは200錠から販売されているため、頻繁に注文を繰り返す必要もありません。

国内で処方されていない医薬品なので注意しましょう。
また個人輸入代行サイトの利用はすべて自己責任です。
効果を感じなかったり、副作用を顕著に感じたとしても自己責任だということを覚えておきましょう。

私が書いています
sasamoto

管理人のsasamotoです。
医療系のお仕事をしている中で、海外製の医薬品が使えたらな~と思ったのをきっかけに個人輸入で薬を購入し始めました。
個人的に使用しているのですが、必要としている人は多いのでは?と思いこのサイトを作りました。
趣味は金魚を眺めること。
お手柔らかにお願いします。

睡眠薬
グリーンアップル薬局【公式】