AGA治療薬

「最近頭が薄くなってきた気がする」
「髪の触り心地が軽くなっているような」
「朝起きたら前より枕についている髪が多くなった」
このような症状に心あたりはありませんか。
この症状、実はAGAの症状です。

AGAとは男性型脱毛症で、その名の通り男性特有の脱毛症をいいます。
AGAの患者は20代で約10%、30代で約20%、40代で30%、50代以降で約40%以上と言われています。
男性ホルモンが原因であるため、年齢を重ねるごとにAGAで悩む男性は多くなるのです。

人と接する上で見た目はとても重要です。
特に第一印象は見た目で決まると言っても過言ではありません。
良い印象を持たれると自ずと相手からの好感度も上がり、仕事もプライベートも順調に進みやすくなります。

AGAで悩んでいる人、AGAを予防したいという人は、ぜひAGAとは何が原因でどういった治療方法・対策方法があるのかを確認してください。

AGAの抜け毛・薄毛は前頭部と頭頂部に現れる

AGAの症状は髪の抜け毛と薄毛です。
この症状は頭部全体に現れるのではなく、前頭部と頭頂部に見られるのがAGAの特徴
なぜ前頭部と頭頂部なのかというと、AGAの原因である男性ホルモンが前頭部や頭頂部に多く存在するためです。
AGAの症状の見られ型は3パターンあります。

O字型 M字型 U字型
O字型 M字型 U字型
頭頂部から薄くなりO字のようになる 額の生え際から後退していきM字のようになる 前頭部が後退してU字のようになる

O字型・M字型・U字型のどれか1つの進行パターンである場合や、O字型とM字型、O字型とU字型というように複数のパターンが同時に進行する場合もあります。
どのパターンでも対処しなければ最終的に前頭部と頭頂部の髪がなくなり、側頭部と後頭部の髪だけが残った落ち武者スタイルになってしまいます。

AGAはヘアサイクルの乱れが原因

AGAは男性ホルモンによるヘアサイクルの乱れによって起こります。
ヘアサイクルとは髪の生え変わり周期のこと。
髪が成長する成長期、髪の成長が止まり毛根から離れる退行期、髪が頭部から抜け落ち次の髪の準備をする休止期の3つの時期からなります。

通常であれば成長期は2~6年、退行期は2週間程度、休止期は3~4ヶ月ほどかかり、1本の髪が生えて抜け落ちるまで3~6年ほどかかります。
しかし、AGAを発症してしまうと成長期が数ヵ月~1年と極端に短縮されてしまい、髪は十分に成長する前に抜け落ちてしまうため、軟弱な髪や抜け落ちる髪が増えてしまうのです。

成長期 退行期 休止期 1周期
通常 2~6年 2週間程度 3~4ヶ月 3~6年程度
AGA 数ヵ月~1年 2週間程度 3~4ヶ月 1年~1年半程度

ヘアサイクルを乱す男性ホルモンをDHT(ジヒドロテストステロン)といいます。
酵素・5αリダクターゼと男性ホルモン・テストステロンが結合してできた男性ホルモンです。

DHTは髪を作り出す毛乳頭にくっつき、髪の成長をとめる成長阻害因子を放出します。
成長阻害因子の影響を受けた成長期の髪は成長をとめて退行期へと移るため、成長期が短くなりヘアサイクルが乱れて抜け毛や薄毛が増えてしまうのです。

遺伝的AGA

DHTは男性なら誰でも持っているホルモンであるため、誰でもAGAになる可能性があります。
しかし、世の中にはAGAの男性とそうではない男性がいることも確かです。
AGAの男性とそうでない男性の違いは何かというと、DHTの量や毛乳頭へのくっつきやすさです。

頭部に存在するDHTの数が多ければ多いほどAGAになる確率は高まります。
また、DHTの数が少なくても毛乳頭へとくっつきやすければこちらもAGAになる可能性があるのです。

DHTの数や毛乳頭へのくっつきやすさは遺伝によって決まります。
この遺伝は優性遺伝のため、父親・母親どちらかが持っていればその子供にも遺伝します。
父親か母親、もしくは両者がハゲている場合、AGAになりやすいと言えるのです。

生活習慣に乱れによるAGA

AGAはDHTだけではなく、生活習慣の乱れによっても引き起こされます。
髪は血液中の栄養によって成長します。
生活習慣が乱れていると血流が悪くなったり血液中の栄養が不足したりするため、髪が十分に成長できなくなってしまい軟弱な髪となり抜け落ちやすくなるのです。

生活習慣の乱れとは、偏った食生活・運動不足・喫煙・飲酒・寝不足・ストレスなど。
運動不足や喫煙、飲酒、寝不足、ストレスなどは血管を収縮したり血液がドロドロになったりして栄養のある血液を髪まで運びづらくなります。
偏った食事は髪に必要なたんぱく質や鉄、亜鉛、ビタミンなどが血液中に不足してしまうため、血液が髪まで届いたとしても髪は成長できないのです。

AGA症状の改善ポイントは守る治療と攻める治療

残念ながら現代の医療技術ではAGAを完治させることはできません。
できることは医薬品によって進行を遅らせることのみです。
完治はできないものの、AGAの進行の程度と生きている毛根の数次第ではフサフサの髪を再度手に入れられます。

AGAの改善薬には、守る薬と攻める薬があります。

守る薬とは、DHTの影響を受けにづらくする薬です。
プロペシアとザガーロの2種類があり、DHTのもととなる5αリダクターゼに作用。
テストステロンと結合してDHTになるのを阻害するため、頭部に存在するDHTの数が減りヘアサイクルが乱れる髪の数が減ります。

攻める薬とは、血液を髪まで届くようにする薬です。
有効成分に血管を拡張するミノキシジルが配合されています。
血管が広がると自然と流れる血液量が増え、体の隅々にまで血液が届くようになるのです。
ミノキシジルには塗布タイプと服用タイプがあります。

AGAの治療では守る薬が必須。
予防程度であれば攻める薬で髪の土壌を整えるだけでも問題ありません。
より効率よく治療を行いたい場合は、守る薬と攻める薬の併用がオススメです。
守る薬でヘアサイクルを整え、攻める薬で髪の成長にブースとをかけることで太く丈夫な髪をゲットしやすくなります。

生活習慣を整えることも必須

AGAの原因には生活習慣の乱れも関係しています。
そのため、生活習慣を整えることもAGA治療では必要不可欠です。

偏った食生活・運動不足・喫煙・飲酒・寝不足・ストレスなど、どれか一つでも自分の生活にあてはまる場合は改善するようにしてください。

AGA治療薬

ツゲイン

ツゲインはロゲインのジェネリック医薬品です。 ロゲインと言えば日本でもお馴染みのAGA治療薬のひとつです。ツゲインはロゲインよりも低価格で購入できる育毛剤として人気を集めています。 頭皮に直接吹き付けることで、頭皮の血行を促進して発...
AGA治療薬

フォリックス

AGA(男性型脱毛症)に効くミノキシジルが高濃度で配合されたフォリックスシリーズは、毛髪の育成が期待できる外用薬です。 有効成分の配合量によって7種類に分かれています。 フォリックスの品購入はコチラから フォリックスの概要...
AGA治療薬

プロペシア・ジェネリック【フィンペシア】

フィンペシアは国内でも処方されるプロペシアのジェネリック医薬品です。AGA治療薬であり、薄毛や抜け毛といった悩みを解決へと導く薬です。プロペシアよりも安価に購入できるため、費用削減も可能となっています。
AGA治療薬

ミノキシジルタブレット|攻めの育毛!

ミノキシジルタブレットは、主成分・ミノキシジルが配合された内服タイプのAGA治療薬です。ミノキシジルは世界90ヶ国以上で認可されており、頭皮の血行を改善し健康的な髪の育成を促します。
AGA治療薬

デュタス(ザガーロ)|AGA治療薬

デュタスはザガーロのジェネリック医薬品。同じデュタステリドを有効成分に配合しているため同等の効果が得られます。デュタスは国内での取り扱いがなく、海外から個人輸入をしてゲットできます。
AGA治療薬

AGAの第一選択薬【プロペシア】

プロペシアはAGAの第一選択薬として多くの男性に選ばれているAGA治療薬です。AGAの根本的原因となるDHTの生成を阻害して進行を防ぎます。女性や子供が触れると危険なため取り扱いには気をつけましょう。