睡眠薬

「お布団に入ってもなかなか寝付けない」
「夜中に何度も目が覚めてしまう」
「眠った気がせず、日中うとうとしてしまう」
このような症状が慢性的に続いているなら注意が必要。
睡眠に問題のある不眠症かもしれません。

質の悪い睡眠が1ヶ月以上続くと、日中に倦怠感や食欲不振、集中力ややる気の低下が現れます。
仕事や家事がうまく回らず、場合によっては失態を起こして信用を失ってしまうことも。
また、睡眠中に体を癒しますが不眠が続くと体に疲れが残ってしまいます。
疲労感と気分の落ち込みのWパンチで心身ともに疲弊してしまいます。

睡眠薬を使って質のよい睡眠をとると、体の疲れがなくなり気持ちも晴れやかになります。

4タイプある不眠症

不眠症とは眠れないことと思われがちですが、実は眠れないことを含めて4タイプに分けられます。

タイプ1【入眠障害】
タイプ2【中途覚醒】
タイプ3【早朝覚醒】
タイプ4【熟眠障害】

タイプ1【入眠障害】
寝つきの悪い症状です。
・お布団に入って30分以上経ってもなかなか寝付けない
・眠たい気持ちはあるのに眠気がこない
という人は入眠障害の可能性があります。

タイプ2【中途覚醒】
夜中に何度も目が覚めてしまう症状です。
・眠りが浅く何度も目が覚める
・目が覚めた後はなかなか寝付けない
という人は中途覚醒の可能性があります。

タイプ3【早朝覚醒】
起床予定時間より早く起きてしまう症状です。
・2時間以上予定より早く起きる
・早く目が覚めた後はなかなか寝付けない
という人は早朝覚醒の可能性があります。

タイプ4【熟眠障害】
十分な睡眠時間を取っても眠った感じがしない症状です。
・身体に疲れが残っている
・睡眠に満足感がない
という人は熟眠障害の可能性があります。

このような不眠症の症状は、ストレスや不規則な生活、寝る前にスマホを触っている人などに多く見られます。

最初は次の日のプレゼンの緊張や行事へのわくわく感、海外出張からの帰宅、徹夜でのレポート作成など、さまざまな理由で不眠が起こります。
通常であれば数日で普段通り眠れるようになりますが、場合によっては長期に渡って不眠症状が続いてしまうことも。
1ヶ月以上入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・熟眠障害のどれか1つでも症状が続けば不眠症とされます。

不眠症を放置すると他の病気を発症しやすくなる

そのうち治るはずと、1ヶ月以上続く不眠を放置してはいけません。
不眠症になると十分な睡眠が取れていないため、心身に悪影響が出てきます。

身体への影響 心への影響
・眠気
・頭痛
・疲労感、倦怠感
・食欲不振、胃腸の不調
・注意散漫、ボーっとする
など
・やる気が出ない
・イライラ
・焦り
・抑うつ
など

これらの危険信号を無視してしまうと症状は悪化の一途を辿ります。
最悪の場合、うつ病や双極性障害といった精神疾患となるリスクが高まってしまうのです。

早めに不眠症の治療を行うことで、不眠症の症状が改善しやすくなるほか、他の病気のリスクを軽減することができます。

不眠症の治療には非薬物療法と薬物療法の併用がオススメ

不眠症の治療には、医薬品を使用しない非薬物療法と医薬品を使用する薬物療法があります。
非薬物療法はおもに生活習慣を改善する方法で、薬物療法は医薬品を使用する方法です。

通常は非薬物療法から始め、同時または非薬物療法の様子を見ながら薬物療法を行います。
生活習慣が整い症状が改善し始めてきたら医薬品の量を減らしていきます。
医薬品の服用をやめても眠れるようになれば不眠治療は完了です。

数日の不眠であれば非薬物療法のみでも改善の見込みがありますが、完全な不眠症となってしまうと薬物療法を取り入れる必要があります。
生活習慣の乱れが不眠を引き起こす原因であることが多いため、生活習慣の改善を行わなければ薬物療法で眠れるようになっても不眠を繰り返してしまう可能性が高くなります。

不眠症の治療は非薬物療法によって睡眠環境を整え、薬物療法によって眠れる身体を作ります
そのため、非薬物療法と薬物療法の併用がオススメなのです。

非薬物療法

【時間】
・就寝、起床時間を毎日同じにする
・睡眠時間は気にしない
【日中】
・日光浴をする
・適度な運動をする
・ストレスを溜めこまない
【就寝前】
・寝る前にリラックスタイムを作る
・過ごしやすい寝室を作る
・寝酒は避ける

【時間】
不眠は就寝・起床サイクルが狂って起こります。
そのため、就寝・起床時間を一定に整えることで就寝時間に眠気がきて眠れるようになります。
ただし気をつけたいことが「この時間に眠らなければ」と負担に感じないこと。負担に感じてしまうとより一層不眠症状が悪化してしまいます。
必ず時間ピッタリに寝る必要はなく、就寝時間の目安を決めるという心もちでいましょう。

【日中】
日の光を浴びると、体内で睡眠を誘うメラトニンという物質が夜に分泌されやすくなります。
また適度な運動を行うことで身体にほど良い疲れが溜まり、眠気が起こりやすくなります。
ストレスは不眠を引き起こす原因となるため、自分流のストレス発散法を見つけてください。

【就寝前】
脳が興奮していると眠りにつきにくくなります。脳と身体をリラックスさせることで眠気を起こしやすくします。
寝室は寝るだけの場所にしましょう。そうすると脳が「寝室=寝る」と考えるため寝付きやすくなります。
寝酒は眠気を誘いますが、寝ている間は肝臓でアルコールを分解しているため身体は起きたままになります。そのため疲れが取れず眠った感じがしません。
寝る前のアルコールは避けてください。

薬物療法

不眠症の治療薬を睡眠薬といいます。

睡眠薬と聞くと薬局やドラッグストア、通販サイトで購入できるドリエルやネオディなどを思い浮かべる人もいるでしょう。
しかし、ドラッグストアや通販サイトで販売している睡眠薬は正しくは睡眠改善薬
一時的な不眠のための医薬品です。

睡眠薬は慢性的な不眠に効く医薬品。ルネスタやロゼレムなどがあります。
病院で処方してもらうか海外から個人輸入をして使用します。

不眠になり始めたという人は睡眠改善薬を、不眠が長らく続いているという人は睡眠薬を選びましょう。

タイプ別睡眠薬の選び方

睡眠薬には配合している有効成分の種類や作用時間によって、さまざまな種類に分けることができます。
不眠症のタイプや作用の強さ、副作用の出やすさなどから、自分にあった睡眠薬を選びましょう。
適切な睡眠薬を使用することで快適な眠りが実現します。

薬のタイプによって選ぶ

作用時間 作用までの時間 不眠タイプ 商品
超短時間作用型 2~4時間 服用後30分 入眠障害 ハイプナイト
ソクナイト
短時間作用型 6~10時間 服用後1~3時間 入眠障害
中途覚醒
バスパー
バスピン
中時間作用型 20~24時間 服用後1~3時間 中途覚醒
早朝覚醒
熟眠障害
ロヒプノール
エリミン
長時間作用型 24時間以上 服用後3~5時間 中途覚醒
早朝覚醒
熟眠障害
ドラール
ソメリン

睡眠薬には作用の長さによって超短時間作用型・短時間作用型・中時間作用型・長時間作用型に分かれます。
作用時間が短いほど服用から効果の発現までが短くなります。

入眠障害の人は効果が早めに出る超短時間作用型や短時間作用型がオススメ。
服用後30分~1時間ほどで眠気がやってくるため、睡眠薬を飲んだらすぐにお布団に入りましょう。

中途覚醒の人は睡眠時間分の作用時間がある短時間作用型や中時間作用型、長時間作用型がオススメ。
作用時間が睡眠時間の範囲をカバーしていれば途中で起きることなく朝を迎えられます。

早朝覚醒や熟眠障害の人は中時間作用型や長時間作用型がオススメ。
効果が長く続くため、睡眠中はもちろんのこと朝方までぐっすりと眠れます。

作用によって選ぶ

作用 作用の強さ 副作用の少なさ 商品
ベンゾジアゼピン系睡眠薬 脳の活動を抑えて眠りやすくする デパス
トフィソパム
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬 脳の活動を抑えて眠りやすくする ルネスタ
アモバン
バルビツール酸系睡眠薬 脳の覚醒を抑えて不安や緊張を鎮め、眠りやすくする × フェノバール
ラボナ
メラトニン受容体作動薬 睡眠に関わるメラトニンの量を増やして自然な眠気を作る ロゼレム
ラミタックス
オレキシン受容体拮抗薬 脳の覚醒を促進する物質を阻害して、脳を睡眠状態へ移行させる ベルソムラ
デエビゴ

ベンゾジアゼピン系睡眠薬・非ベンゾジアゼピン系睡眠薬・バルビツール酸系睡眠薬は脳に直接働きかける睡眠薬です。脳の活動を抑えて眠気を起こします。

初めはバルビツール酸系が主流でしたが副作用が強く死亡する例が多くあったため、ベンゾジアゼピン系へと主流が移り変わりました。
ベンゾジアゼピン系はバルビツール酸系に比べて副作用のリスクは低くなっています。しかし筋弛緩作用や抗不安作用もあるため、睡眠薬として使用するととふらつきや転倒が起こりやすく、依存してしまう可能性が高くなります。
非ベンゾジアゼピン系はベンゾジアゼピン系から筋弛緩作用と抗不安作用を取り除いたもの。そのため、ふらつきや転倒といった副作用が起こりにくく依存性も低くなっています

メラトニン受容体作動薬・オレキシン受容体拮抗薬は自然な眠気を強くする睡眠薬です。睡眠に関する物質の生成に作用します。

メラトニン受容体作動薬は、体内時計を調整するメラトニンの分泌を促進。睡眠と覚醒のリズムを整えるため自然な睡眠を促します。
オレキシン受容体拮抗薬は、覚醒状態を維持するオレキシンの分泌を抑制。覚醒状態を緩めるため眠気を誘います。

睡眠薬

ソクナイト|入眠作用を持つ睡眠薬

ソクナイトは、国内処方されるルネスタのジェネリック医薬品です。即効性に優れていて、作用している時間は2~4時間ほど。国内の医療機関では購入できませんが、個人輸入代行サービスなら可能です。
睡眠薬

バスパー・ジェネリック【バスピン】

バスピンは、抗不安作用を持つバスパーのジェネリック医薬品です。不安や緊張といった症状を緩和する作用があるため、抗不安薬としてだけでなく睡眠薬としても用いられています。
睡眠薬

ハイプロン【効果・飲み方】

ハイプロンは、即効性に優れた睡眠薬です。不眠症の中でも入眠障害に有効で、寝つきの悪さに悩んでいる人にピッタリ。脳内で生成されるGABA受容体に作用して、寝る前に感じる興奮状態を鎮静し、催眠作用をもたらします。
睡眠薬

ルネスタ・ジェネリックのハイプナイト

ハイプナイトは、国内でも処方されるルネスタのジェネリック医薬品です。入眠障害の改善に特化した薬なので、寝つきの悪さを改善したい人に最適。睡眠薬特有のふらつきやめまいが軽減されています。