ノルレボ・ジェネリック【アイピル】

アイピル
アイピルは、緊急避妊薬です。
日本国内でも処方されるノルレボのジェネリック医薬品で、医療機関よりも安価に購入できます。
ノルレボと同じ成分を配合しているため、同等の効果が望めます。

商品購入はコチラから

アイピルの概要

経済的負担を軽減する緊急避妊薬です

アイピルは、処方薬として有名なノルレボのジェネリック医薬品です。
お薬大国であるインドで製造されていて、大変リーズナブルに購入できます。ノルレボと同じ成分を配合しているため、効果・効能は同等です。

アイピルは避妊に失敗した、または正しい避妊が行われなかった際に服用できる緊急避妊薬です。
女性ホルモンのバランスが変化して、排卵を遅らせたり受精卵の着床を防いだりします。
ホルモンバランスを崩すして今日せ的に月経を誘発することで、妊娠を予防するのです。
もし卵子が受精して、受精卵になったとしても子宮内膜の成長を抑制するため着床しにくくなり、妊娠を抑制します。

アイピルは副作用が軽減されているといわれており、ノルレボで副作用を顕著に感じていた人にも最適です。

低用量ピルとしては使用できません

アイピルは緊急避妊薬です。
低用量ピルのようには使用できません。
避妊に失敗した、または相手がコンドームをしてくれなかったといったシーンで使える薬です。
あくまでも緊急用の薬として常備しておきましょう。

日頃から避妊をしておきたいと考えている人は、緊急避妊薬ではなく低用量ピルを服用してください。

アイピルの飲み方

性行為後72時間以内に1錠服用します

水またはぬるま湯で服用してください。
72時間という猶予はありますが、時間がすぎるほど避妊成功率はどんどん落ちます。
避妊に失敗したことが発覚した場合は、その場ですぐに服用するようにしておきましょう。

アイピルの副作用・注意事項

アイピルの副作用
頭痛や傾眠、消退出血、悪心、倦怠感、口渇、熱感、疲労感、下腹部痛、下痢、腹痛、めまい、月経過多などがあります。

アイピルを服用した後は、40%の確率で消退出血を生じるといわれています。
消退出血は、月経血のようなもので避妊に成功したというサインでもあります。
自分自身では見分けがつきづらいと感じた場合は、避妊検査でチェックしたり婦人科で検査を受けたりしましょう。

アイピルの併用注意薬
抗けいれん薬、HIVプロテアーゼ阻害剤、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤、セイヨウオトギリソウ、セント・ジョーンズ・ワート食品など

アイピルを服用できない人
配合成分に対して過敏症の既往歴がある、肝機能障害者、腎機能障害者、消化管の吸収不良症候群がある、妊婦・産婦・授乳婦

アイピルの通販

アイピルは日本では処方されていません。
購入するには個人輸入代行サイトを利用しましょう。1錠単位での販売となるため注文数を間違えないようにしてください。

個人輸入代行サイトでアイピルを購入する場合は、前もって注文しましょう。
海外からの発送のため、最低でも2週間はかかります。
海外情勢によっては3週間、1ヵ月と時間がかかる場合があるため余裕を持って購入するのがおすすめです。

※個人輸入代行サイトを利用はすべて自己責任となります。

私が書いています
sasamoto

管理人のsasamotoです。
医療系のお仕事をしている中で、海外製の医薬品が使えたらな~と思ったのをきっかけに個人輸入で薬を購入し始めました。
個人的に使用しているのですが、必要としている人は多いのでは?と思いこのサイトを作りました。
趣味は金魚を眺めること。
お手柔らかにお願いします。

避妊ピル
グリーンアップル薬局【公式】