ジスロマック・ジェネリック【ジスリン】

ジスリン

ジスリンは、クラミジアや淋病といった性病だけでなく中耳炎や咽頭炎等の細菌による病変も治療します。
抗生物質であるジスロマックのジェネリック医薬品で、細菌の増殖を抑制して性病や感染症を治療します。
海外医薬品でありながら開発には日本人が関わっていて、日本語パッケージで小さく飲みやすい錠剤という特徴もあります。

商品購入はコチラから

ジスリンの概要

淋病やクラミジアといった性病を治療する抗生物質

ジスリンは細菌の増殖を防ぐ働きが非常に強く、治療効果を早くもたらします。
クラミジアの治療では服用を開始した初日から症状の改善が見られたほどで、少ない服用回数で治療ができます。

細菌が増殖するにはたんぱく質が必要です。ジスリンはたんぱく質の合成を防ぐように作用して、細菌の増殖を抑制して抗菌作用をもたらします。
病気の原因となっている細菌にだけ効果を発揮するため、身体へのダメージが軽減されていてアレルギー反応を引き起こしにくいといわれています。
細菌が増えれば増えるほど、病変は深刻化していきます。そのため症状に気づいた時点でジスリンを服用するようにしましょう。

【ジスリンの適応症】
淋病、クラミジア、咽頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、中耳炎、肺炎、歯周組織炎、リンパ管、リンパ節炎、尿道炎、子宮頚管炎、骨盤内炎症性疾患

ジスリンの飲み方

目的によって使用方法が異なります

●リンパ管・リンパ節炎、咽頭・咽頭炎、性病、急性気管支炎の場合
500mgを1日1回、3日間で合計1.5gを服用します。
4日以上経過しても治療効果が得られない場合は、使用を中断して医療機関にかかりましょう。

●尿道炎、子宮頸管炎
1000mgを1回服用します。
投与開始後2~4週間は経過観察してください。十分な効果が得られなかった場合は、医師による診察を受けてください。

服用するタイミングに特に指定はありませんが、毎回同じ時間に服用することで成分が血中濃度内で安定しやすくなります。

ジスリンは抗生物質の中でも苦味を感じ易い薬なので、スポーツ飲料やジュースと共に服用すると苦味を感じ易くなります。
水やぬるま湯で服用しましょう。

ジスリンの副作用・注意事項

ジスリンの副作用
胃痛、下痢、吐き気、嘔吐、発疹、蕁麻疹、痒み、光線過敏症、皮膚乾燥などがあります。
まれに呼吸困難や顔や唇のむくみ、喉の腫れ、水ぶくれ、高熱といった症状を発現します。このような症状が現れた場合は服用を中止して、医師による診察を受けてください。

ジスリンの併用注意薬
ワルファリン、ジゴキシン、ベネトクラクス、シクロスポリン、水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウムなど。

ジスリンを服用できない人
配合成分に過敏症の既往歴がある人、心疾患がある、肝機能障害や腎機能障害がある、妊婦や産婦、授乳婦は服用できません。

ジスリンの通販

ジスリンは、国内でも処方されるジスロマックのジェネリック医薬品ですが国内の医療機関では処方されていません。
そのため、安価に購入して常備しておきたい人は通販を利用しましょう。
個人輸入代行サービスを利用すると、ネットで注文するだけ。アマゾンや楽天ではなく、海外医薬品を取り扱っているサイトを利用してください。
購入から服用まではすべて自己責任なので、理解したうえで利用しましょう。

私が書いています
sasamoto

管理人のsasamotoです。
医療系のお仕事をしている中で、海外製の医薬品が使えたらな~と思ったのをきっかけに個人輸入で薬を購入し始めました。
個人的に使用しているのですが、必要としている人は多いのでは?と思いこのサイトを作りました。
趣味は金魚を眺めること。
お手柔らかにお願いします。

抗生物質・抗真菌薬
グリーンアップル薬局【公式】