低用量ピル・マーベロン

マーベロン
マーベロンは、産婦人科でも多く処方されている低用量ピルです。
主に避妊目的で用いられますが、生理不順やPMS(月経前症候群)の改善にも効果的です。
正しく服用すれば、99.9%の確率で避妊ができます。
マーベロンの購入はコチラから

マーベロンの概要

黄体ホルモンと卵胞ホルモンを配合した経口避妊薬です

マーベロンは、臨床試験において約99.9%もの非常に高い避妊効果が証明されています。
飲み忘れなく用法用量を正しく守って服用することで、確実に避妊する可能性が高くなります。

マーベロンの効果

避妊、PMS(生理前症候群)・生理不順の改善
マーベロンは、エチニルエストラジオールとデソゲストレルが含まれています。
継続してマーベロンを服用することで、排卵に必要なホルモンの分泌が減って排卵が起こるのを阻止します。
もし受精をしてしまっても、子宮内膜の肥厚が抑えられているので着床することができずに排出されます。
またマーベロンは、子宮頸管の粘膜粘度をあげることで、精子が子宮内に入りにくいように作用します。

マーベロンの服用方法

1日1回、毎日同じ時間に服用しましょう
マーベロンは、21錠・28錠ともに月経が開始した日から飲み始めます。
月経開始日に飲み忘れてしまった場合は、その日から1週間は他の避妊法を併用しましょう。

【21錠入り】
1シート飲み終えたら、出血の有無・継続・終了にかかわらず2シート目を飲み始めてください。
【28錠入り】
1シート飲み終えたら、7日間は服用を止めましょう。
8日目から出血の有無・継続・終了にかかわらず2シート目の服用を開始してください。
マーベロンを飲み忘れたら
服用予定時間から24時間以内の場合:すぐに服用しましょう。
次の服用時間が迫っている場合:2回分を服用しましょう。

飲み忘れた時間から24時間以上経ってしまった場合は、服用を止めて次回の月経開始日から新しいシートで服用してください。
※注意
・あまった錠剤は服用しないでください
・次の月経開始日までは、ほかの避妊法で対処しましょう。

マーベロンの副作用・併用禁忌薬

副作用:吐き気、乳房のはり、頭痛、嘔吐、発疹、蕁麻疹、不正規出血など

頻度は不明ですが、まれに血栓症を引き起こす可能性があります。
異常を感じた場合は、マーベロンの服用をやめて医療機関を受診しましょう。

併用禁忌薬
オムビタスビル水和物、リトナビル配合剤、パリタプレビル水和物

マーベロンを服用できない人
子宮内膜がん、子宮頸がん、血栓性静脈炎、乳がん、肺塞栓症、脳血管障害、糖尿病性腎症、冠動脈疾患、糖尿病性網膜症、心臓弁膜症、肺高血圧症、亜急性細菌性心内膜炎の既往歴のある心臓弁膜症の患者、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症,抗リン脂質抗体症候群、重篤な肝障害、脂質代謝異常、肝腫瘍、高血圧、耳硬化症、妊娠中に黄疸持続性そう痒症または妊娠ヘルペスの既往歴がある、40歳以上、妊婦または妊娠している可能性がある、骨成長が完了していない可能性がある、35歳以上で1日15本以上喫煙しているなど

マーベロンの通販

マーベルは個人輸入代行サイトで購入することができます

マーベロン 値段 1錠あたり
21錠入り×3 3,500円 55.5円~
28錠入り×3 4,090円 64.9円~

海外からのお薬の個人輸入は、自己責任です

私が書いています
sasamoto

管理人のsasamotoです。
医療系のお仕事をしている中で、海外製の医薬品が使えたらな~と思ったのをきっかけに個人輸入で薬を購入し始めました。
個人的に使用しているのですが、必要としている人は多いのでは?と思いこのサイトを作りました。
趣味は金魚を眺めること。
お手柔らかにお願いします。

避妊ピル
グリーンアップル薬局【公式】