セレック

虫歯は放置していても治ることはありません。
それどころか症状は進行していき、歯を失ってしまうこともあります。
虫歯ができたらすぐに歯科で診てもらうのが得策。
場合によっては虫歯を削りとる必要がありますが、現在の技術では詰め物や被せ物をすることで違和感なくキレイな見た目を保つことができます。

セレック治療とは

セレック治療とはCeramic Reconstruction(セラミック修復)の略です。
セラミックを使用した歯の治療方法で、医療最先端のドイツで開発されたCAD/CAMシステムによりコンピュータによって被せ物を設計・製作します。

従来の被せ物や詰め物による治療では、型どりを行うために印象剤を口腔内に入られていました。
しかしセレック治療は最先端の3D工学カメラで口腔内を摂るだけ。
口の中に型どりの素材を入れる必要はないため、不快感を得ずに治療できます。

さらに今までは型を取ると被せ物・詰め物の製作は製作専門の歯科技工所に発注していました。
しかしセレック治療は型を取るとその場で作製可能。
外部に依頼する必要がないため、短時間かつより安い値段で治療が行えます。

セレック治療と一般的な治療のメリット・デメリット

歯の被せ物・詰め物はセレックのほかにも金属やレジンなどがあります。
それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

セレック 金属 レジン
メリット ・治療期間が短い
・残存率が高い
・審美性がある
・虫歯菌が付着しにくい
・大きなつめものも可能
・耐久性がある
・保険適応
・大きな詰め物も可能
・審美性あり
・経済的に安い
デメリット ・割れやすい
・歯の削る量が多くなる
・保険適応外
・審美性なし
・治療に時間がかかる
・金属アレルギーは不可
・耐久性なし
・黄色く変色しやすい

セレックは治療に時間をかけられない人や審美性を求める人にオススメ。
金属は低価格で治療したい人や患部が大きい人に向いています。
レジンは安く審美性を求める人に推奨されますが、時間が経つと変色してしまうため注意が必要です。

セレック治療の流れ

1、歯を整える
患部の金属を取ったり、虫歯を削ったりして形を整えます。

2、型どり
被せ物・詰め物を行う箇所を最先端の3Dカメラで撮ります。
数秒の撮影で型どりは完了です。

3、被せ物の設計
撮影した型はパソコンのモニターに映し出されます。
さまざまな角度から噛み合わせや形を調整して被せ物・詰め物の設計を完成させます。

4、被せ物の製作
設計ができたら高精度の機械でセラミックブロックから型通りに削ります。
セラミックブロックを選んだり、着色をすることで自然な色合いを出します。

5、完成
出来上がった被せ物・詰め物を装着して噛み合わせを確認。
問題なければ完成です。

セレック治療の種類

セレック治療で使用するセラミックの種類はいくつかあります。

・オールセラミッククラウン
内側外側ともにすべてセラミックで作製します。
スタンダードな種類です。

・e-maxオールセラミッククラウン
ニケイ酸リチウムガラスを主成分とする新素材のセラミック。
普通のセラミックよりも強度が上がっています。

・ジルコニアオールセラミッククラウン
人工ダイヤモンドを使用した最も質のいいセラミック。
強度が高く薄くても割れる心配がありません。

・セラミックインレー
奥歯の大きな虫歯にはインレーという詰め物を使用します。
インレーはセラミックでも作成可能です。

グリーンアップル薬局【公式】