治療メニュー:インプラント

インプラントとは

デンタル・インプラント

インプラントとは体内に埋め込む器具の総称です。
歯科業界ではデジタルインプラントといいます。
デジタルインプラントは人工を金具を埋め込み、人工の歯をつけることで失った歯を補う治療方法です。
従来の治療では残っている歯に人工歯をかぶせるブリッジや、人工の義歯を金具を使って残っている歯にひっかける入れ歯が主流でした。
しかし現在ではインプラントが主流になっています。
その理由はインプラント・ブリッジ・義歯のそれぞれのメリット・デメリットが関係しています。

インプラント
入インプラント歯
ブリッジ
ブリッジ
入れ歯
入れ歯
メリット ・半永久的に使用可能
・噛み合わせが自然
・審美に優れている
・他の歯を削る必要がない
・本数制限なし
・噛み合わせにほとんど違和感がない
・審美に優れている
・体への負担が少ない
・保険適応
・本数制限なし
・体への負担が少ない
・保険適応
デメリット ・外科的手術が必要
・治療期間が長期
・保険適応外
・隣接の歯を削る必要がある
・欠損数が多いと不可能
・見た目が悪い
・都度調整が必要
・噛む力が減る
・隣接する歯への負担がある

ブリッジは失った歯とそれに隣接する歯に人工歯をかぶせる治療方法です。
見た目や機能性、施術の手軽さにすぐれていますが、隣接する歯を削る必要があります。
削った歯への負担は大きく、場合によっては削った歯まで使い物にならなくなり、人工歯をかぶせる範囲を広げる必要が出てきます。

入れ歯は歯を失った箇所に義歯を入れます。
この時、義歯の両端についている金具を隣接する歯にひっかける必要があります。
入れ歯は本数制限がなく、施術も簡単で体への負担はありません。
しかし義歯に隣接する歯には負担がかかり、金具が見えるため見た目は悪く、噛む力が減ってしまいます。

インプラントは歯茎を切開して骨に穴をあけ、専用の金具を取り付けるという手術を行う必要があり、そのため他の治療に比べて時間がかかってしまいます。
しかし半永久的に使用でき、金具が見えないため見た目がキレイで噛み合わせが自然です。
他の歯への干渉もないため負担をかけることもありません。

施術時の身体的・経済的負担や時間はかかるものの、長期的に見ればインプラントが手軽で見た目も機能面も文句なしと言えます。
そのため、人気を集めているのです。

インプラント治療の手順

1、カウンセリング
技術・実績のある理事長が執刀
口腔内の状態やインプラントを行う箇所はどうなっているのか、を確認します。
また、インプラントのメリットデメリットを説明し、手術の承諾を得ます。
疑問や質問がある場合は、必ず確認しておきましょう。

2、事前準備
歯科用CTで精密な診査・診断が可能です
手術を行う前に、口腔内の状態を確認しておく必要があります。
CTスキャンによって神経や血管の通っている位置、骨の厚さなどを把握します。

3、治療計画
インプラントの安定性を確認
事前準備で得た情報を元に、治療計画を立てます。
担当医が丁寧に説明を行ってくれます。
この時、歯周病や持病によってインプラントが行えないと判断することもあります。
※ほかの疾患の治療を行った上で再度インプラントに挑みましょう。

4、一次手術
インプラントの治療手順1
一次手術では歯茎を切り開き、骨に穴を開けてインプラントを埋め込みます。
埋め込む本数にもよりますが、手術時間は1~3時間ほど。
手術は局部麻酔を打って行います。

5、二次手術
インプラントの治療手順2
二次手術では、歯茎を切開してインプラントに人工歯との接続を担うアバットメントを取りつけます。

6、人工歯の型どり
二次手術の傷が治ってきた1~6週間後に人工歯の型を取ります。
カウンセリングや事前準備の際の資料も参考に、かみ合わせのよい人工歯を作ります。

7、人工歯の装着
インプラントの治療手順3
出来上がった人工歯をアバットメントに取りつけます。
場合によってはセメントで固定することも。
装着したら以前のように噛めるようになります。

8、術後の経過観察
術後1年は、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年とこまめに通院して経過を観察します。
1年経過したら年に1回の通院となります。

イレギュラーな手術

CGF
手術をする箇所の骨が薄い場合は、骨造成を行います。
骨が不足している部分に人工骨や移植用の骨を入れ、骨の再生を促すためにメンブレンという人工膜をかぶせます。

骨が薄いままインプラントを行ってしまうと、インプラントがぐらぐらしたり抜け落ちてしまったりします。
キレイな歯を手に入れるために、土台をきちんと整えておきましょう。

CT検査は必須

CT検査とはX線を使って断面的に撮影します。
細かい箇所まで見えるため、歯科では必要不可欠。
特にインプラントでは下あごまたは上あごの骨を削るため必ずCT検査を行います。
埋め込む箇所の神経や血管の位置、骨の厚さを知ることで、手術時に傷つけたり削りすぎたりといった事態を防ぎます。