世界初の早漏経口薬【プリリジー】

プリリジー

プリリジーは世界初の内服タイプの早漏治療薬です。
イタリアの製薬会社・Menariniが開発・販売をおこなっています。
1錠を服用するだけで、脳の過剰な興奮を抑え射精をコントロールできるようにし、挿入時間を延ばせます。

商品購入はコチラから

プリリジーの概要

世界で唯一認められている飲むタイプの早漏治療薬です。

プリリジーは配合成分にダポキセチンを60mg配合しています。
国内未承認薬ではありますが、世界60ヵ国以上で承認され、30ヵ国以上では実際に使用されています。
いままで早漏治療薬といえば外用薬ばかりでしたが、プリリジーは世界で初めて早漏予防効果があると認められた早漏治療の内服薬です。

早漏の原因はいくつかあり、脳の過剰な興奮もその1つ。
性的興奮を覚えるとノルアドレナリンが大量に放出され、射精を制御できなくなってしまいます。
プリリジーの有効成分であるダポキセチンはノルアドレナリンの分泌量を調整するセロトニンの量を増やします。
セロトニンが増えることでノルアドレナリンが減少。自分の意思で射精を制御できるようになるため、挿入時間が長くなるのです。

挿入時間を2~4倍に延長できます

プリリジーの効果は服用後1~3時間ほどで現れます。
挿入時間は通常時の2~4倍まで延長可能
継続して服用すればするほど挿入時間は延びていきます。
効果は5時間程度持続し、その間は何回でも挿入時間を延ばせます。

プリリジーの飲み方

性行為の1~3時間前に1錠を服用します。

プリリジーは適宜服用する医薬品です。
性行為のチャンス時に1~3時間前までに1錠を服用してください。
服用は水またはぬるま湯で行います。
食事の影響を受けないため、服用タイミング内であればいつでも服用できます。

6回以上の服用で効果がない場合は中止しましょう

プリリジーの服用を6回行っても射精時間の延長が見られない場合は、プリリジーを使用しての治療を中止しましょう。
早漏症以外の疾患によって射精までの時間が早くなっている可能性があります。
病院で正しく検査をしてもらってください。

プリリジーの副作用・注意事項

プリリジーの副作用
めまいや下痢、頭痛、胃のむかつきなどです。
プリリジーは交感神経に働きかけるため、これらのような副作用が見られます。
セロトニンに選択的に作用するため、副作用の発現率は低いと言われています。

プリリジーの併用禁忌薬
抗生物質や睡眠薬、塩酸チオリダジンなどの医薬品とは併用できません。
併用してしまうと作用が増強されて副作用がでやすくなってしまったり、逆に作用を打ち消し合ってどちらの効果も得られないことがあります。
※持病や常用薬のある人はプリリジーを服用する前にかかりつけ医にご相談ください。

プリリジーの通販

プリリジーは国内未承認薬であるため、国内での取り扱いはありません。
どうしても購入したいという人は、海外個人輸入サイトを利用しましょう。
プリリジーは海外製品であり、取り扱いが認められている国から購入することで日本にいながら手に入ります。
通販サイト型だと、Amazonや楽天といった通販サイト同様にプリリジーを選んでカートに入れ、支払いを済ませると手元に届きます。
医薬品の個人輸入は自己責任となりますが、国に認められている方法です。

通販サイトではまとめて購入すればするほど1錠あたりの価格が安くなります。
コストを抑えたい人や、何度も注文するのが面倒だと感じる人はまとめ買いがオススメです。

私が書いています
sasamoto

管理人のsasamotoです。
医療系のお仕事をしている中で、海外製の医薬品が使えたらな~と思ったのをきっかけに個人輸入で薬を購入し始めました。
個人的に使用しているのですが、必要としている人は多いのでは?と思いこのサイトを作りました。
趣味は金魚を眺めること。
お手柔らかにお願いします。

早漏・ED改善薬
グリーンアップル薬局【公式】