ルプラック・ジェネリック|むくみ改善

ルプラックジェネリック
ルプラック・ジェネリックは、強力な利尿作用を持つむくみ改善薬です。体内にたまった余分な水分を排出して、身体のむくみ状態を改善します。
また輸入禁止となったラシックスの代替薬としても使用可能です。
ルプラック・ジェネリックの購入はコチラから

ルプラック・ジェネリックの概要

腎機能をサポートして尿量を増加させます

ルプラック・ジェネリックは、高い利尿作用があります。
腎臓でろ過された血液は老廃物が取り除かれて、再び身体に吸収されます。吸収する際に水分も一緒に取り込んでいます。
余分な水分は血管やリンパ管から染み出して細胞間にたまっていきます。この現象がむくみです。
ルプラック・ジェネリックは、血管へ水分が吸収される働きを阻害して利尿作用をもたらして、尿量を増加させます。
身体に溜まった余分な水分を取り除くことで、むくみが減り血圧も下がります。
このような働きから、降圧剤としての作用も望めるのです。

※ルプラック・ジェネリックは、個人輸入が禁止になったラシックスの代替薬としても服用できます。

ルプラック・ジェネリックの飲み方

1日1回1錠を服用します

水またはぬるま湯で服用しましょう。
服用タイミングは特に指定はありませんが、就寝前に服用すると尿意で睡眠を妨げる恐れがあるため、日中に服用してください。
また服用後は一時的に尿量が増えるため、お手洗いがない状況下での服用には注意が必要です。

ダイエット目的で使用しないでください

身体のむくみがとれると外見が少し痩せたように見える人もいます。ルプラック・ジェネリックにダイエット効果は一切ありません。
あくまでも体内にたまった余分な水分を排泄する医薬品のため、ダイエット目的で使用しないようにしましょう。

ルプラック・ジェネリックの副作用・注意事項

ルプラック・ジェネリックの副作用
頭痛、倦怠感、めまい、立ちくらみなどがあります。
急激に血圧低下によるめまいや立ちくらみを引き起こす場合があるため、低血圧患者は服用前に医師と相談してください。
筋肉の痙攣を発症した場合は、使用を中断して医師による診察を受けてください。

併用禁忌薬
デスモプレシン酢酸塩水和物

併用注意薬
昇圧アミン、ツボクラリン、降圧剤、アミノグリコシド系抗生物質、セファロスポリン系抗生物質、リチウム、非ステロイド性消炎鎮痛剤、尿酸排泄促進剤、カルバマゼピン、ジギタリス剤、糖尿病用剤など

ルプラック・ジェネリックの口コミ

ムク美さん(23歳)

デスクワークをもう3年半くらい続けているものです。
むくみが全然改善されません。たまにエコノミー症候群かなって思ってしまうくらい足に違和感を覚えることも。
そんな時はトイレ行くふりして、社内を歩き回っています。ヤバイ時は休憩時間に10分くらい走りに出ることも。
普通に休憩したいし、ご飯食べた後のランニングってほんとにキツイんですよね。
むくみ改善薬があるなんて知らなくて、ルプラック・ジェネリックは初めて買ったんです。しょっちゅうトイレにいくし、前みたいに足のけだるさを感じなくなりました。

サヨさん(38歳)
病院でルプラックを処方されていたのですが、通院が難しくなったので通販を利用してルプラック・ジェネリックを購入しています。
ルプラックよりも劣っていることもなく、通常通り服用できています。
むくみやすい体質なのか、自力では改善できなくなってしまったのでルプラック・ジェネリックに頼りっぱなしです。
私が書いています
sasamoto

管理人のsasamotoです。
医療系のお仕事をしている中で、海外製の医薬品が使えたらな~と思ったのをきっかけに個人輸入で薬を購入し始めました。
個人的に使用しているのですが、必要としている人は多いのでは?と思いこのサイトを作りました。
趣味は金魚を眺めること。
お手柔らかにお願いします。

ダイエット・美容
グリーンアップル薬局【公式】