99パーセントの避妊率を誇るトリキュラー

トリキュラー
トリキュラーは低用量ピルです。国内でも処方されるトリキュラーと同じ成分を配合しているため、同等の効果が望めます。
月経周期の乱れやPMSも改善するため、生理前の不調に悩まされている人に最適な医薬品です。
トリキュラーの購入はコチラから

トリキュラーの概要

毎日正しく服用すれば99%の避妊率

トリキュラーの臨床試験では、正しく服用すれば99%の避妊率が望める低用量ピルです。
避妊に失敗した例の理由は、飲み忘れでした。効果が不十分であったとしても、妊娠には至りません。
1日1回1錠だけの服用という手軽さがあるため、女性の意思で確実に避妊を行えます。

トリキュラーは妊娠の過程で必要な排卵を抑制します。
卵子は排卵し、卵管を通ったのちに精子と出会い受精します。その際に子宮内膜が成長して着床しやすい環境ができます。
トリキュラーは、そもそも排卵を起きにくくするため卵子が精子と出会うこともありません。
もし通常通り排卵が行われたとしても、卵管を通りにくくしたり受精卵の着床に必要な子宮内膜も厚くしたりしません。
受精したとしても、着床できずそのまま体外へと流れます。
また主成分であるエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)やレボノルゲストレル(黄体ホルモン)は、人工ホルモン剤でできています。
身体に妊娠しているから排卵の必要がないという錯覚をさせる作用があるため、ほぼ確実な避妊効果が得られるのです。

トリキュラーで性病は防げません

低用量ピルを服用している人の中には、性病まで予防できると勘違いしている人がいます。
避妊と性病予防はまったく別物です。
性病は基本的にコンドームを着用しないと予防できません。
妊娠と性病を確実に回避した人は、低用量ピルとコンドームの使用を心がけましょう。

トリキュラーの飲み方

毎日1回1錠を服用します

トリキュラーを服用する際には、毎日同じ時間帯に服用します。自身で管理しやすい時間を決めて、同じ時間帯に服用するようにしましょう。

〇21錠の場合
月経開始日を服用1日目として、赤色→白色→黄色の順番で飲み進めます。

〇28錠の場合
月経開始日を1日目として、赤色→白色→黄色→白色の順番で服用しましょう。

トリキュラーの副作用・注意事項

トリキュラーの副作用
吐き気、嘔吐、乳房の張り、頭痛、下腹部痛、蕁麻疹、不正性器出血など

トリキュラーの併用禁忌薬
抗ウイルス薬

トリキュラーの併用注意薬
副腎皮質ホルモン、三環系抗うつ剤、テオフィリン、リファンピシン、テルビナフィン塩酸塩、ラモトリギンなど

トリキュラーを飲んではいけない人
・配合成分に対して過敏症の既往歴がある
・35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人
・前兆を伴う片頭痛患者
・血管病変を伴う糖尿病患者
・重篤な肝機能障害患者
・妊娠中、授乳中の女性
・50歳以上の女性
など

40歳以上の人は医師と相談しよう

トリキュラーだけでなく、大半の低用量ピルは血栓症のリスクがあります。
特に年齢が上がれば上がるほど、血栓症のリスクが高まり危険な状態を誘発する恐れがあるのです。
完全に服用できなくなるのは50歳以上の女性ですが、40歳以上の人でも危険を伴う可能性があるため医師と相談したうえで服用しましょう。

トリキュラー通販

トリキュラーは国内の医療機関でも処方されています。
個人輸入で購入している人は、医療機関へ行く時間がなかったり診察の待ち時間が苦痛だったりというケースがあります。
初めてトリキュラーを服用する場合は、まずは病院で服用しても大丈夫かどうかをチェックしてもらいましょう。

私が書いています
sasamoto

管理人のsasamotoです。
医療系のお仕事をしている中で、海外製の医薬品が使えたらな~と思ったのをきっかけに個人輸入で薬を購入し始めました。
個人的に使用しているのですが、必要としている人は多いのでは?と思いこのサイトを作りました。
趣味は金魚を眺めること。
お手柔らかにお願いします。

避妊ピル
グリーンアップル薬局【公式】