バルトレックス

バルトレックス
バルトレックスは、性器ヘルペスや帯状疱疹の治療が可能な医薬品です。
ヘルペスの再発防止にも有効で、体内への吸収が早く従来の抗ウイルス薬よりも早期に治療が可能となっています。

商品購入はコチラから

バルトレックスの概要

第2世代の抗ウイルス薬です

バルトレックスは、ウイルスの増殖を抑制する第2世代の抗ウイルス薬です。
これまでゾビラックスという薬がありましたが、体内への吸収率が遅く1日5回の服用が必要でした。
しかしバルトレックスは早く吸収されるため、1日2~3回の服用で治療が可能となっています。
性器ヘルペスや帯状疱疹、水疱の治療だけでなく性器ヘルペスの再発抑制の薬としても使用できます。

ウイルスによる病変は、ウイルスが体内でどんどん複製されることで病変が悪化します。ウイルスは細胞分裂を繰り返して、増殖していきます。
細胞分裂を繰り返すためには、ウイルスのDNAを複製する必要があり、バルトレックスはこのDNA複製の働きを阻害します。
DNA複製に必要なDNAポリメラーゼ酵素の働きを抑制して、ウイルスの増殖を妨げるのです。
体内への吸収率が早いため、早期発見・早期治療で高い効果が望めます。

バルトレックスの飲み方

目的によって使用方法が異なります

・単純疱疹
1回500mgを1日2回服用します。

・帯状疱疹
1回1000mgを1日3回服用します。

・水疱
1回1000mgを1日3回服用します。

・性器ヘルペスの再発抑制
1回500mgを1日1回を服用します。

水またはぬるま湯で使用してください。

飲み忘れに要注意

バルトレックスは1日に1~3回ほど服用する必要がありますが、飲み忘れが起きると効果が半減する恐れがあります。
一定時間使用し続けることで効果を最大限に発揮するため、飲み忘れに気づいた時点で1回分を服用してください。
次回の服用時間が2~3時間後であれば、飲み忘れた分は飛ばして構いません。
1回に2回分を一気に服用しないようにしましょう。

バルトレックスの副作用・注意事項

バルトレックスの副作用
頭痛や眠気、吐き気、便秘、下痢などがあります。肝機能が低下していると副作用を顕著に感じる恐れがあります。
眠気を感じた際には、危険を伴う機械の操作や車の運転は控えてください。

バルトレックスの併用注意薬
プロベネシド、ミコフェノール酸モフェチル、テオフィリン、シメチジンなど。

服用してはいけない人
バラシクロビル、またはアシクロビルに対して過敏症の既往歴がある人、妊婦や産婦、授乳中の女性、高齢者は服用できません。

バルトレックスの口コミ

Asayaさん(29歳)
ヘルペスにかかるのは人生で2回目です。
一度は病院へ行きましたが、今回はバルトレックスの力を借りて治療しました。
前回の初期症状を覚えていたので、すぐ異変に気付けて良かったです。
ネットでバルトレックスが買えることを知ってからは、通販で買うことにしています。
ダンディーさん(35歳)
帯状疱疹になってしまいました。バルトレックスはヘルペスの時にお世話になり、そのまま自宅に薬が余っていたのですぐに服用しました。
帯状疱疹ってあんなに痛いんですね。
身体の片方にぶつぶつができた時は何事かと思いました。ピリピリしているような感じで、ベッドに横になるのもきつかったです。
でもバルトレックスのおかげで、早期治療ができました。ヘルペス再発したら困るし、定期的に購入しています。
私が書いています
sasamoto

管理人のsasamotoです。
医療系のお仕事をしている中で、海外製の医薬品が使えたらな~と思ったのをきっかけに個人輸入で薬を購入し始めました。
個人的に使用しているのですが、必要としている人は多いのでは?と思いこのサイトを作りました。
趣味は金魚を眺めること。
お手柔らかにお願いします。

抗生物質・抗真菌薬
グリーンアップル薬局【公式】