ゼニカル

ゼニカル
ゼニカルは、ダイエット医薬品です。
食事から吸収される脂質を30%カットし、脂肪の吸収を抑えます。
食事療法や運動を生活に取り入れても、体重がなかなか減らないという人に最適な医薬品です。
海外医薬品のため、個人輸入を通して購入できます。
ゼニカルの購入はコチラから

ゼニカルの概要

脂質を30%カットして脂肪の吸収を抑えます

ゼニカルは、腸の中で脂肪分を分解する酵素と結びついて脂肪の吸収を抑える医薬品です。
脂肪が体内で吸収されるには、消化・分解が必要です。
分解作業の役目があるリパーゼという酵素は、食事から摂取された脂肪分が体内に取り込まれると大量に生成されます。
ゼニカルは、このリパーゼの働きを抑制して脂肪の吸収を抑えるのです。
ダイエット目的で使用される医薬品で、すでについてしまった脂肪を落とすわけではなく食事から摂取されるはずだった油を30%カットします。

・これ以上体重を増やしたくない
・高血圧症や糖尿病を予防しなければならない

こういった悩みを抱えている人に最適な薬なのです。

ゼニカルの有効成分であるオルリスタットは、肥満治療薬のひとつとしてアメリカ食品医薬品局の認可を得ている成分で、世界中の人が使用しています。
アメリカで行われた治験によると、1年間食事制限なしでオルリスタットを摂取したところ約60%の人が体重を5%減量できたというデータもあるほど。
さらにそのうちの27%は、体重減少が約10%にも及んでいます。

ゼニカルの飲み方

脂肪分が多い食事をする際に1錠服用します

脂肪分の吸収を抑制するために、食前か食事中に服用しましょう。
食事をとらなかった、または脂肪分が少ない食事の場合はゼニカルを服用しないでください。

ゼニカルは脂肪分の他にもビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKやベータカロチンも共に体外へと排泄されます。
ビタミン不足は肌荒れの原因となるため、ゼニカルを服用している期間はビタミン剤も一緒に使用しましょう。

ゼニカルの副作用・注意事項

ゼニカルの副作用
軟便、おなら、胃もたれ、ビタミン不足による肌荒れなどがあります。
ゼニカルの服用はビタミン不足で肌荒れを生じる恐れがあります。
ビタミンサプリメントと併用して、肌荒れを予防することも可能です。

ゼニカルは併用禁忌薬や併用注意薬はありません。
日常的に薬を服用している、または持病を持っている、妊婦・産婦・授乳婦といった人は使用前に医師による診察を必ず受けましょう。

ゼニカルの通販

ゼニカルは日本では処方されていないため、個人輸入代行サイトを利用する必要があります。
医療機関では食事療法や運動を指導しても体重管理が上手くいかない人のために、サノレックスという医薬品を処方する場合があります。
しかし処方してもらうためには医師による診断が必要不可欠な薬でもあるため、個人輸入でも購入できなくなりました。
ゼニカルはサノレックスと作用が違いますが、唯一輸入できるダイエット医薬品ともいえます。

個人輸入代行サイトの利用はすべて自己責任です。
減量を目的とした医薬品は、日本では医師の監視の下処方されるほどの薬です。
個人輸入を利用しての購入は、すべての利害を分かったうえで買うようにしてください。

ゼニカルの口コミ

リンナさん(42歳)

糖尿家系と言われているにもかかわらず、これまで体重を減少させようなんて気がさらさらありませんでした。
ついに足を壊してしまい、後悔をしていました。
ゼニカルの存在はネット記事か何かで見たことがあったので、甘えと思いながらも買ってみることに。
足を壊してもなお、脂っこい食事をするのが諦めきれずゼニカルに頼っています。
油が頻繁にシミ出るので、ナプキンは必須です。
軟便気味になりますが、ゼニカルのおかげでダイエット頑張ろうという気にさせてくれます。

私が書いています
sasamoto

管理人のsasamotoです。
医療系のお仕事をしている中で、海外製の医薬品が使えたらな~と思ったのをきっかけに個人輸入で薬を購入し始めました。
個人的に使用しているのですが、必要としている人は多いのでは?と思いこのサイトを作りました。
趣味は金魚を眺めること。
お手柔らかにお願いします。

ダイエット・美容
グリーンアップル薬局【公式】